CQ DE JF3PLF

Activities of JF3PLF / K7IL

VK6ILは失効(;´д`)

2014年のVK9EC/EXのペディの時、併せて取得してあったVK6ILの免許、当分VKのどこかに行ってQRVする計画もないので、失効させました。特に手続きは必要なく、1年毎に送られてくるAU$50ほどの再免許手数料の請求を放置しておくだけです。(日本でも、再免許申請をしないと失効しますが、VKでは「再免許申請」なんてものはなく、期限までにクレジットカードでお金を払い込むだけです。)

失効を知らせるお手紙がこれです。

f:id:jf3plf:20170917095129j:plain

以前にもこの紙のことについて書いた記事がありますが、今度は本当に失効です。書面には、「免許もないのに無線機を操作したらアカンよ!」とか「継続の意思があるなら早急にACMAに連絡してね」とか書いてあります。日本でもアメリカでも、ここまではしてくれません。きめ細かなサービスですね。(その分、免許のお代も高いですけど……。)

オール滋賀コンテスト結果発表  - OFM優勝/13局 -

かねてから、時々滋賀県支部のホームページを見に行っていました。「ちょっとご無沙汰……」と思って今日覗いてみて、結果を見つけました。

f:id:jf3plf:20170916205232j:plain

……ということで、県外局電信電話シングルオペマルチバンド(OFM)部門第1位。隣県の地の利があるとは言え、優勝は優勝なので、素直に喜んでいます。関ハムでチラシを受け取って、その直後の休日……ということで、また来年も参加したいと思います。

新着QSL  - DX局編 2017年8月-

本業のQRLLで、アップするのが遅れてしまいました。今回、ビューローでもレアな所がいくつか混じっていました。

 

【3B8/DJ7RJ】

Mauritiosは珍しいのかどうなのか……。とりあえず、Band Newの30mです。

f:id:jf3plf:20170916202559j:plain

 

【FT5ZM】

Amsterdam Islandです。期間が長かった、信号が強力だった、OPが上手かった、この方向に相性がよかった、私がヒマだった……等々いろんな条件が重なり、SSB/CW/RTTY取り混ぜて9QSOできました。LoTWではCFM済みですが、私は紙QSLを捨てられない派なので、BUROでもリクエストしていました。

f:id:jf3plf:20170916202411j:plain

 

【TI5/N3KS】

これはBUROではなく、ダイレクト。40mでも、こちら方面でパイルのない時なら、QSOが可能です。密かに40mでもDXCCを目指しています。(80mはまだまだ遠い!)

f:id:jf3plf:20170916202837j:plain

 

【TX5T】

Austral Isです。ここ数年ハイバンドは「廃バンド」化しています。それを反映して、40/30/17mでのQSOでした。それにしても、写真に写っている4人のOP達、恰幅の良いOTの面々と見受けられます。うらやましい限り。私も退職後、こんな風にDXペディ三昧と行きたいものです。

f:id:jf3plf:20170916203126j:plain

 

【VI8BOD】

これは、ちょっと珍しい局でして、第二次世界大戦時の1942年、日本軍によるダーウィン爆撃75周年記念局です。強いて言えば、Remember Pearl HarborのVK版というか……。ですが、JA局ともfriendlyにfrankにQSOしてくれていました。時代は変わったということですかね。それでも、大戦の悪夢を忘れてはいけない……ということです。

f:id:jf3plf:20170916203908j:plain

 

【XX9TGM】

私はIOTAをやらないんで、Coloane Is / AS-075というのが「珍」なのかどうなのか、よく分かりません。また、XX9が全てこの島なのかどうかも???です。とりあえず、昨年の6月下旬にガンガン出ていたのをCFMです。

f:id:jf3plf:20170916204215j:plain

新着QSL  - 国内記念局編 2017年8月-

記念局、8月は不作でした。……というより、私がQSOしてないだけだと思うんですけど。

 

【8J2IKH】

Ise Kashi Hakuですか。まぁ、人様の好みなので、何ということはないのです。まぁ、いつもの通り、も少しシンプルというかスマートというか、そんなコールサインがいいなぁ~と。。。 IKHは、語呂合わせ的に言うと、「伊香保」みたいなイメージがあります。Hi

f:id:jf3plf:20170903230808j:plain

 

【8J5U】

そんな観点で言うと、こちらは秀逸ですね。8J5! 最高ですゎ。ところで、鵜飼いって、いろんな所で行われているのですね。私の勤務先のある宇治市でも、宇治川の鵜飼いが有名です。最近は女性の鵜匠もおられたりして。

f:id:jf3plf:20170904001350j:plain

 

煩わしい悩み、2つ解決  - PC設定 -

Skype編】

「向こうの声は聞こえるのに、こちらかの声が届かない」……あるPCではそうなるけど、他のPCではその現象は出ない……。そんなこんなで、長いこと「あ~でもない、こ~でもない」と試行錯誤していましたが、今日、調べていたらMicrosoftコミュニティーの中に「ビンゴ」なスレッドを見つけました。

f:id:jf3plf:20170807182219j:plain

はぁ~、なるほど。「プライバシー」ね。「スタート」→「設定」→「プライバシー」→「マイク」と進むと、「マイクがアプリを使うことを許可する」という設定項目があるのです。私の場合、そもそもそこが「オフ」になっていました。「オン」にした後、マイクの使用を許可するアプリを選んで「オン」にしてやればよかったわけです。

Windows 10では、確かにCreators Updateの際にも、事前に「プライバシー設定」がどうのこうのと、予約しておく予備アプリ(?)が来ていましたゎ。そんなこと、すっかり忘れていました。

 

Justsystems編】

f:id:jf3plf:20170807183023j:plain

これが嫌だったんです。先日、ホームページビルダーをインストールしてから、PCを起動する度に「JS共通セキュリティ更新モジュール」要りませんか……って。2012年4月4日リリースの20,833kBのやつでしょ。もう何度もダウンロードしてインストールしているのに、ちゃんと検知してないんですかね。他のアップデートモジュールは1度きりしか来ないのに。……で、この煩わしい表示を止める方法がありました。Justsystemsのサポートサイトです。

f:id:jf3plf:20170807183921j:plain

な~んだ。右クリックメニューがあるんだ。その「非表示にする」をクリックしておけば、もうそのモジュールは表示されません。一件……いや、二件落着。

 

新着QSL  - EK1KE -

f:id:jf3plf:20170804225741j:plain

ダイレクトでキレイなQSLが届きました。アルメニアから。アルメニアと言えば、私の300番目のエンティティ(EK4JJ)で、これまでなかなかお目にかかれなかった所。それが、今回は7MHzのJT65でいとも簡単にQSOできてしまいました。封筒の差出人、QSLのデータ面と、全て手書きでした。余談ならが、コールサインは「回文」(上から読んでも下から読んでも……)です。

ところで、アルメニアの切手……って、なかなか珍しいです(当たり前?)。私は切手収集の趣味がないので、どこから来たいかなる切手も、その価値が分かりません。周り1cm程度の余白を残し、切り抜いて、ある程度たまったらボランティア団体へ……ということになっています。Hi...

f:id:jf3plf:20170804231916j:plain

 

PC 3台、1TB化!  - なんでだろ~ -

ここ数年、シャックに導入してきた数千円のPC 3台。中古なんですが、揃ってDualCore CPUに2GBのRAM、Windows10搭載(7からのアップグレードも含めて)です。先日NASのHDDを大容量化した時に出てきた4台の1TBのうち、3台を使って1TB化することにしました。

f:id:jf3plf:20170803211744j:plain

まずは2台あるFMV ESPRIMOです。カバーを開けるのに悩みましたが、そこはネット社会。ググればちゃんと情報が出てくるのでした。HDDもすぐに外れました。続いて、知人からいただいた「Mr. Clone」の出番です。

f:id:jf3plf:20170803212146j:plain

左右にあるeSATAコネクタにコピー元とコピー先のHDDを接続します。あとはCloneボタンをダブルクリックして放っておくだけ。元のHDDは160GBでしたが、データが少ないせいか、約30分でコピーが終わりました。

f:id:jf3plf:20170803213451j:plain

ただ、優れもののMr. Cloneも、パーティションまでは面倒見てくれないので、そこはWindowsの「ディスク管理」やフリーソフトの「Partition Wizard」で処理します。

f:id:jf3plf:20170803214320j:plain

こんな風になりました。使用容量は約3%。なんで1TB化なんでしょうね。全く必要のない作業であることがよく分かります。

f:id:jf3plf:20170803220450j:plain

パーツを変更して、Windowsの認証は? とも思いましたが、特に変わりなくOKです。電話認証とか、面倒ですし……。さて、2台目のESPRIMOも、ほぼ同じように問題なく手術が終わりました。積まれていたHDDが250GBでしたので、クローンの作業は約1時間。それでも、なかなか速いと思います。

さて、3台目はNECのMateです。FMVにせよMateにせよ、ビジネス用PCって同じような中身ですね。カバーを開けるのもビス要らず。大変シンプルにできています。Mateの場合は、本体からHDDを取り出すにもビスを外す手間がありませんでした。

f:id:jf3plf:20170803221956j:plain

つまみを引っ張れば、こんな風にするする……っと出てくるのですね。このHDDは80GBでしたので、クローンにかかった時間はわずか15分ほどでした。こうして、シャックに3台の1TB PCが誕生したのでした。

f:id:jf3plf:20170803223607j:plain

左端に、IC-7100とIC-706が見えるでしょうか。こうやって、リグは片隅に追いやられつつ、PCの画面が3つ。野球を見ながら、クラスタ―を見て、ログをつける。デジタルモードはロギングの関係上、兼用なのですが、デュアルモニター化すると便利かも。普通に考えれば3台でも多いですが、リグの左側にはもう1台、メールやネット、ブログ作成用にもPCがあるのです。安物買いの道楽です。Hi...