読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CQ DE JF3PLF

Activities of JF3PLF / K7IL

1983年のシャック  - RTTYを始める -

またまた古いネガをスキャンしていたら、1983年のシャックの写真が出てきました。1982年に、初めてアメリカへ行き、さらに同年10月に初めてサイパンへの「DXペディション」に行きました。写真は、その直後ということです。

f:id:jf3plf:20170409201756j:plain

リグは、開局当時のFT-101ESに、ローカル局からもらったFT-200が加わっています。101も単体ではなく、外部VFOとモニタースコープを接続しました。

それよりも何よりも、RTTYを始めたことが私の中では大ニュースでした。サイパンへのDXペディションでの経験が刺激になり、自宅でも……というわけです。モニタースコープ右横のオレンジの小さな箱が、RTTY専用機のCWR-650です。TU-650(ターミナルユニット)、KB-650(キーボード)とセットで使います。あと、RF出力がありまして、JA3YQDの先輩方が修理された白黒テレビ(2000円で購入)がモニターになります。さらに、モニタースコープの隣にテープレコーダーが見えますが、これがデータ入出力装置です。当時、CDはおろか、フロッピーディスクもなかったので、「CQ DE JF3PLF PSE K」「MY QTH IS KYOTO CITY」等々の定型文はCWR-650からテープレコーダーに記憶させておき、運用時にはCWRにそれを聞かせてメモリーに入れるわけです。

当時RTTYでは、東野のθ-777やθ-7000なんかが主流でしたが、そんな「高級機」を買う余裕はなかったのですよね~。

これでも、けっこう遊べました。当時の無線機には、背面パネルにフォーンパッチ入力やPTTがRCA PINジャックで装備されていましたし、AFSKには十分。モニタースコープには、ツートーン発振の機能があり、送信波形もモニターできましたし、RTTYだってクロスパターンを見ながら同調ができたのでした。

今や、無線機は小型化され、デジタルモードはPCと無線機をUSB接続すればOK。当時の機材は、ほとんどジャンク市等で売り払ってしまいました。

入賞?!  - CQ WW PH 2016 -

WWコンテストの事務局から、チェックポートが届いていました。……ということは、結果も発表になるということで……。

f:id:jf3plf:20170409183942j:plain

見てみると、3エリアで7MHzでログを提出したのは私だけ? ……ということで、真っ黒な太い文字でコールが載っていました。「Certificate winners are listed in bold.」ということですから、何と、賞状がいただけるようです。

WWコンテストの入賞なんて、何年ぶりでしょう。国内外問わず、「穴場狙いでごめんなさい」ですが、それでも賞状は嬉しいもんです。ごっつぁんです♪

古い物 もひとつ  - 講習会合格通知 -

表には、20円切手に1977年1月19日の消印があります。高校1年生の冬休み、電話級の養成課程講習会に大阪まで2週間通った末にもらった修了試験の合格通知です。

f:id:jf3plf:20170402150100j:plain

中学生の頃、近所で無線をしていた友達の影響もあり、私も免許が欲しかったのです。なので、BCL、SWLの傍ら、通信教育のアマチュア無線の講座を受講し、バッチリ勉強をしていました。

ところが……、当時国家試験は年2回で、いずれも平日に実施されていました。父は、「趣味の試験ごときで学校を欠席したらアカン!」と。仕方がないので、私が選んだのは講習会。当時は1日6時間の講習を2週間受けないとダメで、京都では講習がありませんでした。直近で見つけたのは東大阪市での講習会。私の住んでいた京都市右京区からはめっちゃ遠いんです!

それでも意地ですね。京都市バスの始発で「四条大宮」へ。阪急で「梅田」に出たら国鉄環状線で「鶴橋」まで行き、さらに近鉄に乗り換えて「八戸ノ里」で下車。そこから南へ歩いて「布施医師会館」へ。ココが講習会の会場でした。実に、片道2時間超ですよ!

「遅刻や欠席があると、修了試験が受けられませんよ」と言われ、寒い中頑張って通った2週間。こうして手にした「電話級アマチュア無線技士」の免許が、私のハムライフの始まりでした。それにしても「お芽出とうございました」って……。今や、PCの日本語変換でも出てきませんゎ。。。

35年前の写真発見!  - SQ15 -

先日来、XYLの指令により、シャックも含め、家の中の整理整頓をやってます。古いものがいろいろ出てきて、つい手が止まります。今日は1982年当時、右京区の実家で運用していた頃のアンテナの写真を発見。

f:id:jf3plf:20170402142539j:plain

手前は、メインに使っていた21MHzのスイスクワッド……知る人ぞ知るTET(Tanigchi Engineering Traders)のSQ15です。ベランダの手すりにくっ付けてあります。回転させられるように、ベースとアンテナ直下にベアリング。その下についているのは、マスプロのウェーブハンター435WH12ですね。奥に見えるのは、3.5~28MHzのマルチバンドGPです。多分ダイヤモンド製だったかと……。あと、本人にしか見えない(判別できない)でしょうが、真ん中のちょっと低めのパイプに7MHzの片側短縮ダイポールの給電点がくくりつけてあります。Hi...

SQ15の話ですが、はじめは「テモテーター」(ローターがなく、手で回す)でした。その後、後輩のJF3MJH・木脇君から譲ってもらったFMアンテナ用の貫通式のローテーターを取り付け、室内から回せるように。大変よく飛ぶアンテナでした。京都市内が見下ろせる少し高台のロケのせいもあって、10Wでも「オーバーパワーかよぉ~」と言われ、検査を受けて100WにQROした後は、特にロングパスでは「怖いものなし」でした。

TETなんていうメーカーの名前を聞かなくなって久しくなりました。古き良き時代の思い出です。

PLFさん、TNX QSO!

f:id:jf3plf:20170331172016j:plain

JI1PLFさんとQSOいただいた時のQSLカード八丈島に移動されていました。なかなか、同じプリフィックスの局とQSOできる機会というのはないものです。昔、JF2PLFさんと50MHzQSOいただいたり、JL1PLFさんたアクティブな時期も……(今も?)。

最近は、アメリカのK2PLFがあちこちに移動しています。ぜひゲットしたいなぁ~と思っていますが、まだそのチャンスがありません。

 

賞状受領  - 第33回KCWA CWコンテスト -

f:id:jf3plf:20170329220828j:plain

第30回のマルチバンド部門2位に続き、第33回も7MHz部門2位でした(^^ゞ

いつか優勝して、ガラスの楯が欲しいです。精進、精進。

熊本コンテスト結果  - 3位/86局 -

f:id:jf3plf:20170329215807j:plain

おっ! 今日私書箱を開け、熊本からの封筒を見て気付きました。いつの間にか、熊本コンテストの結果が発表されていたのでした。「過去の実績からいくと5位入賞かぁ~」と言っていたのですが、嬉しい誤算で3位入賞。KCWA同様、QSO数はWHOさんやHILさんより私の方が1局多いはずなのですが、マルチが1つ足りませんでした。

それにしても、1~3位までが3エリアってことは、当日のコンディションが3エリアに味方したということですね。きれいな賞状が、きれいな封筒に入っていました。

f:id:jf3plf:20170329220141j:plain