CQ DE JF3PLF

Activities of JF3PLF / K7IL

富士通 FMV ESPRIMO 爆速SSD化 - こちらは簡単成功! -

f:id:jf3plf:20200725170419j:plain</

前回の記事にも登場した2台のESPRIMO D5290とD3290です。動作が遅くてイライラすることがありましたので、SSD化をしてみました。これまで、HDDは贅沢にも1TBのものを積んでいましたが、アマチュア無線のデジタルモードやロギング、TVを見る等、用途が限られていますので、この際SSDは128GBの小さな容量のものにすることに。

 

f:id:jf3plf:20200725213353j:plain</

用意したのは、2組のコレ。SSD本体と、2.5インチのHDDやSSDを3.5インチベイに取り付けるための変換マウンタ。SSDサムスンのリファービッシュ品で1980円(送料無料)。マウンタは198円で送料270円(将来に備え、4個買いましたが4個で送料270円です)。穴が合うとか合わないとか、ネジのピッチが違うとか、そんなレビューもありましたが、「そんなアホな」と気にしません。実際、何の問題もなく、コスパ抜群の製品でした。

 

f:id:jf3plf:20200725221505j:plain</

とりあえず、PCにSSDを認識させるのにはコレを使います。先日、PCを使わないHDDクローンに活用しましたが、今回は単に外付けディスクとして認識させるだけ。SATA対応のHDDケースでも何でもいいわけです。

 

f:id:jf3plf:20200725221735j:plain</

こんな感じでSSDをセットし、PCのUSBに接続すれば準備完了。

 

f:id:jf3plf:20200725221839j:plain</

クローンには、このフリーソフトを使います。EaseUS Todo Backup Freeです。容量の大きいHDDから容量の小さいSSDへのクローン、例のMr. Cloneとか玄人志向のKuro-Dachiとかではできないし、第一PCに付いてるクローン元のHDDも、前もって外さないといけないのが邪魔くさい。それが、このソフトを使うことで、PCの電源も切らず、元のHDDもそのままにクローン作成ができるのです。

 

f:id:jf3plf:20200725223356j:plain</

ソフトを立ち上げ、この「システムクローン」ボタンをクリックします。あと、何点か尋ねられますが、ほぼそのままでOKします。意味は分かりませんが、「SSDに最適化する」なんていう項目もあるので、一応チェックを入れておきました。

 

f:id:jf3plf:20200725223536p:plain</

作業が始まりました。阪神タイガースの試合なぞ横目で見ながら(いや、クローン化の進行状況の方を横目でみておきましょう)50分くらい待ちます。

 

f:id:jf3plf:20200725223737j:plain</

はい、出来上がり。「システムクローン」というので、Windowsのシステムのみクローン化するのかというとそうではなく、クローン元HDDの使用済み部分だけを小さな容量の方のディスクの方に全てコピーするというイメージ。なので、ふだん愛用のソフトを改めてインストールしたり設定をし直したりすることなく、換装前の環境がそのままSSD化されます。

 

f:id:jf3plf:20200725224217j:plain</

とりあえずPCからHDDを抜き、ケーブルをSSDにセット。動作確認をします。お~、当然のことながら起動が速い! デスクトップに並んだ数々のアイコンも、元通りです。

 

f:id:jf3plf:20200725224507j:plain</

SSDを変換マウンタに取り付け、PCの3.5インチベイにビス留めし、PCのカバーを閉めて作業終了。パーティションなんかをいじる必要があれば、Windowsの「ディスクの管理」、フリーソフトの MiniTool Partition Wizard、EaseUS Partition Master等でいじれます。抜き出したHDDも、この辺のツールを使ってまっさらな状態にしておきました。

デュアルディスプレイ化では、とんでもなくてこずったESPRIMOですが、SSD化は実に簡単に実現できました。

富士通 FMV ESPRIMO デュアルモニタ化 - 失敗! -

f:id:jf3plf:20200725170419j:plain

私の無線室には、2台の同じような富士通 ESPRIMO があります。左は D5290 で、右は D3290。どちらも Core 2 Duo E7500 @ 2.93GHz 2GB RAM といったスペックです。今回デュアルモニタ化を模索したのは D5290 の方。そもそも、拡張バスは、PCIスロットが2つなので、PCI-E のライザーカードを入手すべく、あれこれ調べてヤフオクを物色しました。PCI-E が使えれば、拡張USB 3.0ボードでも増設して、USB-VGA変換アダプタが使えるのではないかと考えたからです。

 

f:id:jf3plf:20200725171116j:plain

最初に入手したのがこれ。JIQ57Yという型番のライザーカードです。もとのカードと比べてソケットに差し込む部分が長いです。右側の固定用のビス穴の位置が違い、ビス1個で留めるしかありません。さてさて、純正のモノを外してとりあえずこれを取り付けます。いざ、PCのスイッチオン! あれれ? カチッと音がしたあと、CPUクーリングファンも回りませんよ。チーン。これはダメです。

 

f:id:jf3plf:20200725171138j:plain

次に入手したのがこれ。GC-SORARSHというライザーカードです。CPUがEの7000番台のものなら互換性があるだろう……という情報を得て落札したのですが、装着後の電源オンで、ファンは回ったものの6回、4回、3回、3回(だったかな)のビープ音が鳴った後、画面の表示もなく、アウト。

 

f:id:jf3plf:20200725171107j:plain

さて、これ。J985BII/Suzuka2 という名前のついたライザーカードです。やった~。これは反応しました。気を良くしてセットで落札したグラフィックスボードを付けてみました。

 

f:id:jf3plf:20200725172704j:plain

これです。GIGABYTE の GV-NX73L128D-RH という型番です。ライザーカードに取り付けて、起動してみました。あらら、本体 VGA コネクタに接続してあるモニターから画面が出ない! もしやと思ってこちらに接続してみたら画面が出ます。Windows のデスクトップ画面右クリックからディスプレイ設定に入り、「マルチディスプレイの検出」。ない! ドライバは? Windows 標準のものが当てられているようです。BIOSをチェック。なるほど、優先するのがオンボードの方か PCI-E の方かを選ぶ設定があります。デフォルトでは「自動」になっていました。これを何度か切り替えて試してみました。でも、どうしても1つしかディスプレイを認識しません。

富士通の HP へ行き、マニュアルを確認して原因を発見。この機種でデュアルモニタにしようと思っても、「オンボード+増設」という組み合わせはできないんですね。GV-NX73L128D-RH は、VGA の D-Sub 端子と DVI の端子とを持っていて、この2つを使ってデュアル化をするのです。つまり、PCI-E のボードを優先にすると、オンボードVGA は disable 化され、逆も同様ということ

また、ドライバの点でも不具合が出ました。画面の文字がにじんでいたのでプロパティを確認すると、リフレッシュレートが「1Hz」とか。あり得ませんやん。ドライバを更新しようとしても、ダメ~。Windows10には対応できないのかも。や~めた。

 

f:id:jf3plf:20200725174246j:plain

最後の砦はこれです。USB-3.0 の拡張ボードと USB-VGA 変換アダプタ。最初は、反応がないので、増設 USB ボードが不良品?と疑いました。しかし、これまで USB 3.0 など扱ったこともなかった私の無知が発覚。USB 3.0 のボードには、電源を繋がないといけないんですね。知らなかった~。

f:id:jf3plf:20200725174435j:plain

やった~! デュアル化成功か! Windows の「マルチモニタ」検出もOK! ……と思いきや、

 

f:id:jf3plf:20200725174833j:plain

どっひゃ~。恐怖のブルースクリーン。ドライバが正しくないのか、PC のスペックがデュアル化には非力なのか。そのあたりは分かりません。でも、E5290 でデュアル化するのはもう諦めました。今回入手したライザーカードやグラフィックスボードは、売却です。

あとは、売れ残っちゃった場合に、改めて残されたモノの再活用をめざし、もう一度ダメ元で試行錯誤をしてみようかな~と思っています。

デュアル化で何をしたかったかって? FT8 等を運用している最中に受信画面とウオーターフォールの画面を両方表示したいとか、さらには JT Linker と Turbo HAMLOG もサブの画面にあると便利でしょ。コンテスト中には CTESTWIN のいろんな Window を同時に見たいとか、そういう希望があったのです。ま、4連休最初の1日は、こんなことしてました。

DIYシリーズ - 百葉箱を作ろう -

私のDIY、動機はただ一つ。「お金をかけるのはイヤだ!」です。今回は、ミニ百葉箱を作ります。

 

f:id:jf3plf:20200704174949j:plain

これを雨風から守りたいのです。縦10cm×横6.7cm×厚さ2cmほどのWether Station室外用センサー(兼トランスミッター)です。2015年にVK9EC/VK9EXのペディに出かけた際に、PerthDIYショップで買ってきたもので、室内のモニターで時計・カレンダー・室内外の温度と湿度・月齢・天気予想を表示してくれます。QSOしている時に、"Temprature is 28 digrees celcius outside." なんて言えるとFBじゃないですか。

 

www.bunnings.com.auこれこれ。まだ現役で販売されてますね。2台買ってきたんです。1台は雨ざらしの中に設置し、もう1台(今回引っ張り出してきた分)は温存してありました。防水のはずなのに内部に水が溜まったり、冬の間は小さな蟻ンコが無数に入り込んで冬ごもりをしていたりしました。また、電池ホルダーの蓋を留める小さなビスはステンレス製ではなく、錆びてきます。品質的にはイマイチですが、日本円にして2000円程度のモノですから、文句は言えません。(コスパは抜群と思います。)中の配線が切れて半田付けし直したり、電池ホルダーが劣化して割れたりしてきましたので、ボチボチ2号機を登場させることにしました。

 

f:id:jf3plf:20200704174852j:plain

2号機は、雨ざらしではもったいないので、百葉箱に入れることを計画。しかし! 楽天などでポチッとしようと安易に考えていたのですが、「ミニ百葉箱」でも数万円するではありませんか。ばかばかしいので、DIYすることにしました。こんなの、お得意のコーナンで安~い木板や棒を買って来ればよいのです。

 

f:id:jf3plf:20200704181627j:plain

少々面倒くさいのですが、前面及び側面を鎧戸風にするため、たくさん木を切ります。精密に作る気はないので、テキトウに切って、付ける際に長さが合わなければヤスリで削って調整します。

 

f:id:jf3plf:20200704181941j:plain

頭の中の設計図に従って、こんな風に組み立てて行きました。四隅は頑丈に角材をネジ留めしましたが、鎧戸の部分は木工用ボンドです。強度については、完成後にもう一度接合部に強力接着剤を塗っておきますので十分でしょう。最上部は、開閉可能な片屋根にするため、傾斜を付けてあります。

 

f:id:jf3plf:20200704182238j:plain

Weather Stationは、こんな風に収まります。見えにくいですが、背面及び底面には、通風と水抜きを兼ねて、丸い穴が開けてあります。

 

f:id:jf3plf:20200704182428j:plain

1日目の作業は、夜になったので終了。材料と、この後使う工具類を残して後片付けをしました。Weather Stationの下にある板が屋根になる板。スプレーは、全体を真っ白にするためのもの。あと、屋根を開閉可能にするための蝶番がビニール袋に入っています。百葉箱の背面にある小さな4つの穴は、いずれ結束バンドを使ってフェンスに固定するためのものです。

 

f:id:jf3plf:20200704182642j:plain

白く塗って屋根を付けたところ。ほぼ完成です。蝶番を付けた時に、ビスが長すぎ(板が薄すぎ)たためにビスが貫通してしまいました。その部分は、もう1枚板を貼って隠しておきました(^_^)

 

f:id:jf3plf:20200704183024j:plain

本日、雨のやみ間を縫って、設置完了です。お隣りさんとの境にあるフェンスに結束バンドでくっつけました。プロパンガスのボンベからメーターへのガス管2本の間に、お行儀良く収まりました。そうなんです。ウチはまだ都市ガス来てません。イナカなんです。

 

f:id:jf3plf:20200704183335j:plain

はい、こんな風に、室内側のモニターに計測結果が表示されます。今日は雨降りなので、室外の湿度は84%もあるのですね。室内は、除湿モードでエアコンを動かしているので快適です。

 

……ということで、百葉箱が完成しました。使った木材、ボンド、蝶番、塗料、結束バンド、全て合わせても2000円ほどです。ぼったくりの既製品は買いません!

夏に備え、DIYです - 玄関ドア網戸 -

ずぅっと、玄関ドアに網戸が欲しかったのです。私が、というより、ずっと家にいるXYLが。天井裏換気扇も、一度挫折してのチャレンジでしたが、網戸も以前に挫折しています。その時は、サイズを合わせて安い中国製の簡易網戸を買ったはずが、ドアクローザーが邪魔して取り付けられなかったというものです。今回は、「OK網戸」で有名な「川口技研」のもので再チャレンジです。

 

f:id:jf3plf:20200704094707j:plain

ここが我が家の玄関。ドアのサイズはけっこう大きくて、縦が241cm、横が125cmくらいあります。

 

f:id:jf3plf:20200704094829j:plain

今回取り付けるのは、川口技研のNCW-22という型番の「ロータリー網戸」です。ロータリー網戸というのは、ロックを外すと網がクルクルと自動的に片側に巻き取られていくタイプのものです。あちこちのショップでいろんな価格で売られていますが、私はYahoo! ショッピングで23,800円で購入。この網戸の対応寸法は240cm×123cmでして、我が家の玄関ドアより少し小さいんですよね。ですが、これが最大っぽいので妥協。何とかする作戦は考案済みです。

 

f:id:jf3plf:20200704095533j:plain

これが「何とかする作戦」その1です。わずか2cmほど広い横幅を何とかするために、コーナンにて4cm×1.9cm×90cmの檜材を購入。それに厚さ3mmのゴム板をかませて一方の木枠に固定しました。もちろんサッシや網戸本体とほぼ同色のこげ茶色にスプレーして。スプレーの完全乾燥時間は、「夏期で20分」と書かれていました。待っている間にちょいと他の作業をしていたら、十分時間は稼げます。結果、写真が暗いせいもありますが、言われなければ気付かないくらい違和感なく処置できていると思います。

 

f:id:jf3plf:20200704100056j:plain

新しく付けた木枠に上レール受けを取り付けます。実際に、両側の縦桟を当てて高さを合わせるので、わざわざ寸法を測ったりしなくても左右で高さがズレたりすることはありません。

 

f:id:jf3plf:20200704100950j:plain

反対側もこんな感じ。こちらは、寸法調整の必要はないので、ドアの木枠に直接固定です。少し内側にはみ出しているように見えますが、桟じたいが木枠にピタッと合うように調整しています。

 

f:id:jf3plf:20200704101159j:plain

上レールは、レール受けの上にかぶせるような感じで出来上がりです。狭いドアなら、このレールも下レールも、さらに後述のドアクローザーよけも、全て金ノコで切断しないといけないのですが、今回は商品の方がドアより小さいのですから、切断ナシで商品がそのまま使えます。

 

f:id:jf3plf:20200704101605j:plain

上レールの下部に、左右の桟を固定します。上レールの中に斜めに入れるような感じでスッキリと。木ネジは、そのままねじ込むと固くてネジ山を潰すかも知れないので、下穴を開けておきます。「電動ドライバーを使うとネジ山を潰す」とかいう記事もありますが、木枠に下穴を開け、トルク調整をきちんとしておけば大丈夫です。

 

f:id:jf3plf:20200704102248j:plain

この時点で、網を取り付けます。上レールに引っかけていくだけなので、特に難しいことはありません。ただ、私の場合、回転防止用のピンが途中で抜けてしまい、一度巻き直しをしないといけませんでした。この巻き直しの時に、網戸の巻き取りスピードの調整ができますが、実際に使用してからでないとスピードの感覚が分からないので、そこはテキトウに。

 

f:id:jf3plf:20200704102710j:plain

下レールも取り付けて、とりあえず網戸は開け閉めできるようになりました。網戸本体は、高さ220cmの固定なので、この時点で上部20cmくらいは「虫さん、いらっしゃ~い」状態です。また、ここにはドアクローザーもありますので、これをよける処理をしないといけません。

 

f:id:jf3plf:20200704102925j:plain

こんなふうに、上部の枠を作ります。この時に、やはり木枠の方が商品の対応寸法よりも大きかったため、側面同様に檜材で調整しました。ココは、わずか1cmの誤差なので何とかなるだろ~と思っていたのですが、ダメだったので、急遽コーナンに走り、1本だけ材料を買い、側面を調整したときの残り材と合わせて長さを調整し、塗装をしてくっつけました。日が暮れかかっていたので、完全乾燥を待たずに取り付けたのは、アマチュアDIYのご愛敬です。

 

f:id:jf3plf:20200704103619j:plain

完成した高さ調整枠に網を張ります。当然のことながら、少し大きめの網が付いていましたので、枠からはみ出したところはカッターナイフで切りそろえます。

 

f:id:jf3plf:20200704103826j:plain

完成! こんな感じで「プロの仕上がり」です(?)。川口技研の商品は、ドアクローザーが木枠よりも3.5cmまではみ出ていても対応可ですが、他のメーカーのものだと1.5cmまでしかNGとかいうものもあるので要注意です。我が家の場合、3.5cmでギリギリセーフという感じでした。さて、網戸の開閉も問題なく、XYLにも出来映えを確認してもらい、このひのDIYは施工完了しました。

 

f:id:jf3plf:20200704104255j:plain

後日処理を2件。1件目は、木枠の寸法調整をした時、檜材ともともとの木枠の間に厚さ3mmのゴム板とはさみました。ここには当然のことながら、少し隙間があります。小さな虫なら入ってくることも考えられます。なので、「アンバー」という色のシリコンコーキング材でふさいでおきました。2件目は、下レールの高さが約1cmあり、今後出入りの際に「ついうっかり」つまずいてバキッと破壊してしまうことも考えられます。そこで、またまたコーナンへ。段差解消用のミニスロープ(写真)をゲット。最近は、介護・福祉用に何でもありますね。もとは木目調でしたが、これもさっさとこげ茶色に塗装して、違和感なく玄関に収まりました。

 

これで、夕方でも虫の訪問・侵入を気にすることなく、涼しい風を室内に通すことができるようになりました。次回のDIYは、「ミニ百葉箱を作る」です。忙しく、玄関網戸の記事が2週間遅れましたので、ミニ百葉箱はもう完成しています(笑)。

夏に備え、DIYです - 天井裏換気 -

以前にも、天井裏換気のDIYを考えたことがありました。しかし、その時は本格的に考えすぎて断念。今回は、このサイトにヒントを得て、敢行しました!

diy-seikatsu.com
f:id:jf3plf:20200614224321j:plain

この屋根裏点検口に換気扇を取り付けるのです。我が家の場合、この点検口は2階のクローゼットの上部にあります。

f:id:jf3plf:20200614224441j:plain

点検口を開けたところ。蓋は、きちんとした石膏ボード製なんかではなく、木枠にベニヤ板をはめ込んだだけの簡単なものです。押し上げれば、そこはもう天井裏です。

 

f:id:jf3plf:20200614224733j:plain

以前、2階でインターネットを使用するため、有線LANのハブをここに置いていたのです。なので、ここに都合良くACコンセントがあったりなんかします。

f:id:jf3plf:20200614224905j:plain

買い求めたのは、冒頭に紹介させていただいたブログ主さんと同じYAMAZENのYK-25。これが大きさ的にも価格的にも最適な気がします。モノタロウで、送料込みで3839円也。あとで未練がましくネットを見ていたら、楽天に少し安い店がありました。

 

f:id:jf3plf:20200614225358j:plain

モノはこんな感じです。スッキリとしたデザイン。台所仕様ですから、オイル受けなんかもありますが、もちろん不要です。説明書には、垂直に設置するように指示してありますが、無視! 天井に設置しても問題ありません。(自己責任ですが。)

 

f:id:jf3plf:20200614225628j:plain

コンセントへのコードが前面に出てくるのがちょっと気に入りません。天井裏側に、ちゃんとコンセントはありますので。

 

f:id:jf3plf:20200614225733j:plain

なので、この隅っこのターミナルボックスにカッターナイフで切り欠きを作り、そこからコードを裏へ回すことにしました。

 

f:id:jf3plf:20200614225847j:plain

こうなります。もちろん、回転する羽根にも当たりませんし、シャッターの開閉の邪魔にもなりません。Good job!

 

f:id:jf3plf:20200614230003j:plain

さて、これがもともとの点検口の蓋。薄いベニヤ板で、縦42cm×横41cmです。

 

f:id:jf3plf:20200614230106j:plain

換気扇を取り付ける枠用にコーナンで買ってきたのがこれ。幅6cm×長さ45cm×厚さ6mmの「ファルカタ材」という軽くて柔らかい素材です。多少耐久性に難があるようですが、設置したらそうそう動かすものでもないので、これで十分です。

 

f:id:jf3plf:20200614230349j:plain

枠は、この「ステンレス一文字隅金」で固定して作ります。1枚88円とかですので、本当に安上がりです。帰ってきて気付いたのですが1つだけサイズが違いました。ま、それもDIYならではのご愛敬でしょう。

 

f:id:jf3plf:20200614231026j:plain

寸法を測ったら、4本まとめてのこぎりで切断します。柔らかい木材ですので、簡単に切断できました。

 

f:id:jf3plf:20200614231151j:plain

もとの蓋と同じサイズに仕上げるために、もとの蓋をビニールで保護し、木工用ボンドと「一文字隅金」とで接合します。本当に柔らかいので、ねじ込みすぎるとビスが空回りしてしまいます。ま、それも含めてボンドで補います。

 

f:id:jf3plf:20200614231418j:plain

ふふふ。当然のことながら、枠は換気扇にピッタリサイズです! 換気扇のサイズは29cm角です。それに合うように材料も選んであります。縦は、42cm-6cm×2=30cm。横も41cm-6cm×2=29cm。カンペキです。

 

f:id:jf3plf:20200614231707j:plain

換気扇本体を付属の木ネジで留めると、わずか6mm厚の板の反対側にネジが貫通してしまいます。それはあんまりなので、写真のようなビス+ワッシャー+ナットで留めることにします。

 

f:id:jf3plf:20200614231913j:plain

こんな風に、枠に換気扇を固定する穴をあけます。もちろん、ビスよりもほんの少し大きな穴です。

 

f:id:jf3plf:20200614232149j:plain

バッチリです。一文字隅金だけでは心許ない枠も、木工用ボンドに加え、換気扇本体の4本のビスも効いて、しっかりと固定されました。

 

f:id:jf3plf:20200614232334j:plain

はい、前面のカバーやオイル受けを付ければできあがり。ここまでは涼しい1階の部屋で作業ができました。あとは点検口へ持って行ってこれをはめ込めば完成。

 

f:id:jf3plf:20200614232519j:plain

ちゃんと付きましたよ~。そうそう。さっきの写真にはありませんでしたが、木枠の外回りに防音テープを貼りました。「防音」ですが、隙間風にも埃防止にも使えると書いてあったので、願ったり叶ったりです。あと、紐は変な方向に引くと具合が悪いので、クローゼットの隅にヒートンを付け、正しい向きに引っ張れるようにしておきました。

 

f:id:jf3plf:20200614232907j:plain

やったぁ~。完成です。コンセントも異常なく、勢いよく回り始めました。翌日の使用感ですが、1階の部屋のドアの隙間から、空気の流れが感じ取れます。……ということは、この換気扇が、室内の空気を屋根裏へ逃がしてくれているのでしょう。で、屋根裏からは、通気口を通してモワッとした空気が家の外へと出て行ってくれているものと期待しています。

まだ、猛暑の季節ではないので、実感は薄いのですが、ひと夏終えてみて2階での寝心地や電気代の変化でこれまでの夏と比較できるのではないかと思っています。DIYはハマるとやめられません。来週は、玄関網戸を取り付ける予定です。

Ghana, CFM! - 9G5AF -

QSOから3日目。またDXクラスターに9G5AFがレポートされています。彼も、オンエアするヒマがあるということはLoTWのアップデートもしてくれてるだろうと期待して蓋を開けてみました。

f:id:jf3plf:20200609232433j:plain

やった~! 念願の焦げ付き解消、1エンティティアップです。TNX Haim!

LoTWへのアップロードを期待! - 9G5AF -

9G5AFとFT8でQSOしました。eQSLでQSOもくれました。

f:id:jf3plf:20200608214032j:plain

けれど、Haimさんは、紙ベースのQSLは発行してないみたいです。LoTWのユーザーではあるようですが、アップロードはまだ。前回のアップロードは6月4日のようですから、比較的頻繁にアップロードはしてくれている模様。9Gは、1999年の9G1PDが焦げ付いていて、それ以来QSOはありません。

DXCCは、eQSLに関するポリシーとして、「コピーや電子的に送信された証明書は受理できない」と規定していますので、eQSLだけではダメなんですよねぇ~。CFMの1エンティティ増のために、HaimさんのLoTWアップロードを心待ちにしています。

紙ベースのQSLアルバムには、仕方がないのでeQSLでダウンロード&プリントしたものを、紙QSLをくれる局とのQSOまで暫定的に入れておくことにします。