CQ DE JF3PLF

Activities of JF3PLF / K7IL

新着QSL - 来ました! SV2RSG/A -

Monk IakovosとQSOしてから約2ヶ月。情報をいただいていたJF2UPM, JR6CSY各氏のところには、先週SV1RP, GeorgeよりQSLが届いたと聞いていましたので、私も期待していました。私書箱を開けると……

f:id:jf3plf:20210918162444j:plain

Oh! "HELLAS”! HELLAS=ギリシャ(古名)ですから、間違いありません。家に帰って封を開けました。

f:id:jf3plf:20210918162615j:plain

待っていた1枚が! 何しろ、1人しか常時QRVしているアマチュアがいない上に、DXペディションの可能性はほぼゼロ。QRVがあった時にはEUからもパイルが起こります。そんな中で真夜中にQSOできたのは本当にラッキーでした。

賞状受領 -大都市コンテスト-

f:id:jf3plf:20210911202913j:plain

「第1位」の賞状をいただきました。他のコンテストのようなA4版の賞状ではなく、A5版(A4版の半分サイズ)の賞状です。大きさ云々よりも中身が肝心ですので、これも貴重な1枚です。主催されたNo.5ハムクラブの方々&QSOいただいた皆様にお礼申し上げます。

結果発表「大都市コンテスト」 -1位/87局-

毎年8月中に発表になっている「大都市コンテスト」の結果、「もう9月じゃん」と見に行ってみました。おぉ~、出てました!

f:id:jf3plf:20210905092704p:plain

参加記はココです。

jf3plf.hateblo.jp

「多分初めて」「急遽参加することに」と書いていました。3時間のコンテストですが、CONDXがよく感触がよかったんですよね。いつもは、午後の遅い時間になると6エリアや7,8エリアの方に有利なように推移するのが常なのですが、高速CWのCSYさんよりも上位だったってことは、この時のCONDX、3エリアに味方したのかも知れません。VRJさん、IYWさんも入賞していらっしゃいますし……。

めでたしめでたしです(^O^)v

Eswatini? - 3DA0AQ -

Kingdom of Eswatini? それ、どこ?

f:id:jf3plf:20210817135357p:plain

昨日、夕方に3DA0AQと交信しました。14MHz。多分LPだったと思います。アンテナ東向けで強く入っていたので。さて、私はてっきり”SWAZILAND”だと思っていたら、HAMLOGのQTHに”Kingdom of Eswatini"と出るではありませんか。そんな国、知りませんけど。。。というわけで、調べてみました。

f:id:jf3plf:20210817134921p:plain

国名変更(現地語に近い表記に)があったのですね。以前のQSLには、確かにSwazilandと書いてありました。これも世界の流れですね。「アフリカ最後の古王国」と呼ばれ、国王は一夫多妻制のもと、14人の奥様を持ってはります。前国王は70人の奥様がいて、王子・王女は210人というからビックリです。

それはそうと、以前のプリフィックスは3D6でした。

f:id:jf3plf:20210817140759j:plain

 

ALL JA 結果発表! - 2位/16局 -

とりあえず入賞です。

f:id:jf3plf:20210815132906j:plain

Hも含めた全体では4位/23局。M部門だと2位/16局。入賞局のリストに載っていましたが、全体の方は全国4位の表彰ではなくて3エリア1位ですね……。3.5MHzというバンドも、インチキスローパーですがそこそこ戦えます。今度は「H」でやってみたいな~とも思いますが、バンド幅がそれほど広くなくて、時々「3kHzセパレーション警察」みたいな方もお出ましになるので、二の足を踏んでしまいます。

今日は「奈良V・Uコンテスト」でして、28MHzの1時間だけ参加しました。ログの提出も完了。次のBig ContestはKCJですね。

新着QSL - TO1K, EY8MM, Z37CXY -

ダイレクトでリクエストしていたQSLが3枚。

【TO1K】St. Martin

f:id:jf3plf:20210812233528j:plain

ATNOではないけれど、焦げ付き解消の虎の子の1枚です。

【EY8MM, Z37CXY】

f:id:jf3plf:20210812233926j:plain
f:id:jf3plf:20210812233956j:plain

こちらの2枚は、今年の6mの成果物。特に、Z37はヨーロッパですやん。数少ないEUのうちの1エンティティとして、宝物になります。もう8月。ウチの設備では、6m DXは来年までお預けですね。

 

Mt. Athos on 20m CW - まじ? -

一昨年 SV2ASP/AのMonk Apollo SKの報を聞き、「あぁ~、これで貴重なDXCCの1エンティティーが遠くなった」と感じたものです。昨日(正確にはもう「今日」になっていました)、もう寝る~という時間にふと覗いたクラスター、SV2RSG/A Monk Iakovos が上がっているではないですか!

f:id:jf3plf:20210725091526p:plain

私が見たのは、まさにこれ。16Zですから、夜中の1時ですよね。いつものように、「耳のいい局だけが聞こえるんでしょ」と思いながら聞いてみると、ホントにS7~9で入感しているのです。EUの壁、分かりにくいQSX、コンテストのQRM等々あったのですが、2時間呼び続けました。「シグナルが不安定になってきたぞ。ボチボチフェードアウトか……」と感じ始めた3時過ぎ、めでたくコールが返ってきました。

40年余のハムライフ、Mt. Athos は初めてです。これだけ派手にクラスターに上がっているので、まずホンモノでしょう。でも、QSLカードをいただくまでは安心できません。ん~、ちょっと疑問。QSLは誰に送る? ダイレクトで Monk Iakovos? それとも SV1RP? 情報が錯綜しています。(多分SV1RP。)また、DX NEWSによると、「彼は今週末、オンエアする」という短い記事とともに、「SV2RSG/AのQTHは嵐と洪水に見舞われてQSLカードもリグも失われた」なんていう6月の記事も。

とりあえず、SAEを送ってみましょう。