CQ DE JF3PLF

Activities of JF3PLF / K7IL

昭和のステレオ - ビクター BR-500 -

実家に行くと、昭和レトロなものがいろいろと見つかります。これも、その一つです。

日本ビクターが昭和の時代に売っていた「オーディオラ」という商標のステレオです。

蓋を開けた左側には、レコードをかけるターンテーブルが。33回転、45回転、78回転に対応しているのはもちろん、回転数のセレクターには「10」なんていうポジションもあるんですけど、何なんでしょうね。

ターンテーブルの右側はラジオのチューナーが。中波、短波、FMに対応していますよ。中でもおもしろいのが、右チャンネルと左チャンネルに、それぞれ独立した中波チューナーを搭載していること。その昔、2つの放送局が同期させてレコードの右チャンネルと左チャンネルを別々に放送し、それをこういう機械で受信してステレオで聞いていた・・・という信じられない時代の名残なんですね~。

亡き父は、几帳面なヒトだったので、取扱説明書もこんなふうにきちんと残っています。昔~のモノにしては、表紙は全て英語。当時、「ハイカラ」なものだったんでしょうね。

本体の背面には、定格がこんなふうに印字してあるんですね。受信周波数の範囲はどれだけだとか、どんな真空管を使用しているだとか・・・。でも、不思議なことにレコードプレーヤー部分の仕様は書いてません(笑)。

その隣りには、これまた細かな記述が。「サービスマニュアル」か・・・みたいな感じです。真空管配置図、シャーシの取り外し方、ロープのかけ方、アンテナの張り方・・・。おもしろいです。

これ、レコードをかけるための針ですね。サファイヤ針とか、ダイヤモンド針とか、けっこう残ってました。

こんなレコードをかけてたんですねぇ。童話、童謡、昭和歌謡、洋楽等、いろいろあります。中には、「ソノシート」とか言って、ペラペラのビニールみたいなのも何点かありました。

祖父も父も、英語をやってまして、Spken American Englishアメリカ口語教本)なる立派そうなレコードも出てきました。聞いてませんけど、少し前のアメリカ英語が聞けるんでしょうね。

実家には、SPレコードも4500枚以上ありましたが、それは全て京都駅前に新規移転の京都芸術大学にもらわれて行きました。このステレオも「要りませんか~」と売り込んだようですが、置いて行かれてしまったようです。パネルなどは、少々カビ? 錆び?・・・などであまり綺麗な状態ではありませんが、拭くなり磨くなりすればそこそこ甦ると思うんですけどね。どなたか要りません? なお、4本足だったんですけれど、足は行方不明です。

先日、その辺にあったレコードをかけたりラジオを聴いたりしてみましたが、とりあえず音は普通に出ます。Hi-Fi Stereoと謳っているだけあって、当時にしてみたら抜群の音だったんでしょう。

 

何を暇なことを・・・ - PWR計の照明 -

結構忙しくしてる時ほど、突然「何をそんなヒマなことやってるん?」的なことがしたくなります。今回は、「PWR計に照明を付ける」です。モノは、WELZ(第一電波?)のSP-200という製品で、1.8MHz~160MHz - 1kWといういい感じのメーターです。

クローゼットから引っ張り出してきた時には、多少ロータリースイッチや可変抵抗器に接触不良(ガリ)がありましたが、まぁ、500Wの検査まで耐えてくれればいいので、接点復活スプレーを吹いてごまかしてあります。

で、先日ポチったのがこれ。IC-2KLのメーター照明が切れた時のために、12Vで点灯する白色LED20個入りです。ソケットみたいなのも付いて800円ぐらいだったかな。

こんなのです。安物なのに、リード線のところには絶縁防止にチューブがかぶせてあったりします。点灯試験をすると、結構な光量もあります。これを、メーターの下部に2個潜ませて、コードを筐体の隙間からちょろっと引っ張りだしてやりました。

まぁ、頻繁に動かすものでもなし、すり切れてショートすることもないでしょ。さて、電源につないで点灯。

結構いい感じになりました。ここ(シャックのオペレーションデスク)にある他の機器は照明があるのに、これだけ真っ暗でしたので、照明を付けることでチョコッとテンションが上がります。シャックが華やかになりました。

・・・しかし、何やってるんだか。

賞状受領 - XPO 2024 電信電話7MHz 2位/76局 -

結果発表があったのも知らぬまま・・・。賞状が送られてきました。

この時は、参加記も書いていなかったようですから、あまりモチベーションが上がらないまま出たのでしょう。この年は、アベック開催(?)の「愛・地球博コンテスト」にも参加してなかったようですね。

で、76局中2位ならまぁいいや・・・ですが、結果を見てびっくり!

何と、1位のVRJさんと9点差! 開局以来のライバルさんなので、「おめでとうございます!」ですが、何とも惜しい結果(笑)。たとえ1局、1マルチ、1分でも無駄にしてはいけません・・・という見本のような結果でした。ではまた次回。

新着QSL - 8R7X -

私書箱に、久しぶりにエアメールの封筒が。

ATNOだった8R7XのQSLカードです。2月17日に、10m CWと30m FT8でQSOできました。今年は、これ以降、ATNOのエンティティのQRVはなさそうです。Honor Rollまで、あとなんですが、一生のうちに達成できるんでしょうかねぇ~。

何かいい情報があれば、また「私が行ってあげましょう」とかいう方がおられれば、ぜひご案内ください。私のWanted Listは、こちらです。

500W局申請準備⑤ - 2KL自動バンド切替 -

せっかくICOMのリグにICOMのリニアを使うんだから、バンド切替は自動にしたいものです。IC-2KLに付いてきたこのケーブルが使えるはず。

ピン配置はこんな風になっていて、5本しか使われていません。IC-7100側は、お馴染みの13PINのDINコネクタです。

角型コネクタのPINアサインは、IC-2KLの取扱説明書の他、当時IC-2KLをドライブすることが想定されていたIC-710を参考にしました。13PINの方は、IC-7100の説明書でOKです。

5つのPINは、③PTT ⑦ALC ⑧GND ⑫基準電圧(8V) ⑬バンド切替(バンドによって電圧が変わる)というメッチャ単純なものであることが分かります。13PINの方は、①基準電圧(8V) ②GND ③PTT ⑤バンド切替 ⑥ALC です。純正のケーブルを適当なところでぶち切って、13PINコネクタに間違えないようにつなぐと、リグとリニアのコントロールケーブルができるはずです。

黄色の熱収縮チューブがちょっと格好悪いですが、直結しました。念のため、正しくピン同士が接続されているか、チェックしておきましょう。

実は、このケーブルをいきなりIC-7100とIC-2KLに接続してもダメなんです。IC-7100の説明書を見ると、「本製品用の別売品にBAND電圧を必要とする機器がないため、出荷時は[ACC]ソケットからBAND電圧を出力していません」なんて書いてあります。裏蓋を開けて、1箇所、半田ブリッジする必要が・・・。

赤色で示した部分ですね。

まぁ、これだけのことなので、難しい「改造」などではありませんでした。さぁ、ケーブルをつないで、テストです。

リグを7MHzにセットすれば7MHz、28MHzにセットすれば28MHzと、IC-2KL側でも正しい周波数選択がされていることが分かります。1.9MHzのアンテナは、まだ準備できていませんが、シャック内の部分は、ほぼ準備完了です。

IC-2KLは、正常に動き、500W出るかな~、と思ったら・・・、あら! 用意したダミーロードの入力端子はNコネだった! 申請もまだで、試験電波発射の許可も下りていませんから、リニアをアンテナにつないでしまっては『違法局』の開設です。楽天でNP-MJのL型変換コネクタが送料無料で出ていたのでポチっとしました。

リニアの動作チェックは「お預け」です。

夜でもアンテナ、見えるかな - 赤外線LED -

ウチのローテーター、ずぅっと前からコントローラーの方向指示が動いていません。

jf3plf.hateblo.jp

こんな感じで、大昔(8年前)ブログに書いた通りです。さらに、1代目のカメラが壊れ、2代目を取り付けたのがこれ。

jf3plf.hateblo.jp

でもね、2代目も常に上を向けてあるせいか、画像は映るものの夜になっても赤外線LEDが点灯しないようで、月明かりのない夜には真っ暗です!

最近、ふと思い付いて、赤外線LEDライトだけを買いました。夜にはこれを照射してやれば、アンテナ、見えるじゃん? と。

さっそく、アルミ板を切って、固定用ボルトの穴開けをします。

ほれ。 ただ、これは本体固定用の穴が小さすぎたり、回転防止用の小さなビス用の穴が位置ずれしていたりして、失敗作。でもまぁ、アマチュアなんで、このまま取り付けます。もちろん、小さすぎた穴はリーマなんかでちょっとずつ広げました。

こんな具合に固定して、上を睨んでてもらいます。

少し引いて見ると、こんな感じです。タワーが邪魔で、アンテナ全体にまで光が当たらないような気もしますが、部分的に見えればオッケーです。さて、夜まで他のことをして、時間を潰しましょう。はい、夜です。

ライトを点灯しなければ、もちろん真っ暗で、アンテナがどっちを向いているんだか、分かりません。

ほい、この通り。夜でもアンテナが見えるようになりました。雨が降るとどうなるか、とか、耐久性は、とか、その辺が次の課題です。しばらくは、これで行きましょう!

とりあえず関西2位 - WPX SSB -

WPX Contest Committeeから、メールが届いていました。いつものログチェックレポートです。ふむ・・・、私が相手局のコールを取り損ねたのが1QSO、コンテストナンバーをミスったのが2QSOで、この分だけ減点されていました。

相手がミスしたのは、8局。これはこちらの減点にはなっていませんが、一連番号を送る時、ちゃんと発音しないとなぁ~、と思っています。

とりあえず、部門3エリア2位です。ただし、16局中です。1位のJL3VUL/3、1000局以上QSOしてはります。ま、私の参加時間が5.7時間なんで、30時間ほどがんばれば1000QSOできるでしょうか。