読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CQ DE JF3PLF

Activities of JF3PLF / K7IL

埼玉コンテスト 2017

コンテスト 日記・その他

兵庫、熊本に続き、今日は『オール埼玉コンテスト』でした。埼玉は、東京のベッドタウンで人口も多く、コンテストも賑やかなイメージ。県内局でバンド中がぎっしり……というのが事前の予想です。

9時~15時のコンテストなのに、3.5MHzがあります。また、HFマルチバンドという部門もあるにはあるのですが、有利なのはやはり関東平野の近隣都県でしょう。……ということで、参加部門は昨年度と同様、7MHzシングルバンドと決めました。

と、と、ところがぁ~! 開始早々の9時。1エリアがスキップしてしまっています。県内局を呼んでも、他エリアの局に次々持って行かれます。十数分呼び続けても、0QSO! あり得ません。

3.5MHzを覗くと、こちらはまだ強力に1エリアが入っています。3.5MHzはそのうちフェードアウトするに決まっているのでエントリーする気はないのですが、思わず十数局QSOしてしまいました。

7MHzに戻ったのは1時間後。この時には、1エリアも強力になってきて、県内局にも拾ってもらえます。埼玉コンテストは電信電話部門しかないので、電話にも出ないといけません。ただし、電話は1点、電信は2点なので、この辺の兼ね合いが難しいところです。電信である程度局数をやってから、電話にしか出られない局を探しに行くパターンで運用しました。また、たまには「CQ STX TEST」(県外局の呼び出し)をやってみるのも有効です。呼びに回るタイプの方からはちょこちょこ呼んでいただけます。

正午頃から、またまた1エリアのスキップが始まりました! 「もうヤンペ!」と短気を起こさないでよかったです。13時前から、少しコンディションが持ち直し、局数やマルチが増えました。電話でも、7140近くで未交信の局が何局か拾えました。最後、さすがに7MHzはアカン……となる前にちょうど終了。残念だったのは、ニューマルチの130086(吉見町)を数十分呼び続けて結局ダメだったこと。さて、スコアです。

f:id:jf3plf:20170109175636j:plain

f:id:jf3plf:20170109175640j:plain

一昨年、昨年の1位の得点は超えました。でも、2014年レベルだったら4位にも入れません。まぁ、こればっかりはお空のコンディション次第なので、何とも予測がつきません。

 ・川口、行田、秩父って、そこそこ大きな市じゃないのかなぁ~
 ・さいたま市の区部は全部埋めたかったなぁ~
 ・越生、昔はたくさん局が出てたような……
 ・白岡市、新市サービスの熱はもう冷めたんですね……

とか、いろいろ思うことはありますが、そうは言っても埼玉の皆さんはアクティブです。楽しませていただいて、ありがとうございました。