読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CQ DE JF3PLF

Activities of JF3PLF / K7IL

再びYAESU MH-42Bの修理  - 今度はマイクロスイッチ -

前回、MH-42Bのカールコードを修理する記事を掲載しましたら、多くの方から反響がありました。どうも、このハンドマイクは、いかなるメーカーの、いかなるマイクよりも(というと大げさでしょうか)寿命が短いようです。どなたも、同じようにカールコードがバラバラになる惨劇に見舞われておられるようですし……。

今度は、PTTボタンです。送信しているつもりなのに、ブツブツ電波が切れます。マイクロスイッチの内部の接点がダメになっているような症状。これまた前回同様、コスモ電子さんに保守パーツの在庫があるのですよ。「いつもありがとうございます」って感じで発注しました。1個216円也。ネコポス便で送料356円を足しても572円と、とても良心的なお値段。さらに驚いたことに、23日(金)に注文、24日(土)に注文受付メール。振込の手続きはしましたが、実際に先方の口座に入金されるのは銀行の翌営業日の月曜日じゃないですか。なのに、「振り込みました」とメールを入れたところ、即日発送してくださいました。25日(日)には商品が届きました。感謝感謝です。

さて、修理ですが、マイクロスイッチを交換するだけなので、何も難しいことはありません。

Mic1 これ、元のマイクロスイッチ

Mic2_2古いのを新しいのに取り替えるだけ。精密ドライバが必要です。

Mic3 はい、できました。……と言いたいところですが、右に転がっているスプリングワッシャと平ワッシャ、付け忘れました。これをはめて、出来上がりです。

FT-100にて送信試験。正常になりました。