読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CQ DE JF3PLF

Activities of JF3PLF / K7IL

ほぼスマホ、乗り換え  - Biglobe LTE・3Gへ -

スマホ 日記・その他

一昨年の9月、「ほぼスマホ」を契約し、12月にはフツーの携帯(AU)を解約したことは、以前書きました。ココです。あれから1年少し。各社からいろんな新しいサービスが発表され、Biglobeのほぼスマホ(昼夜つながるスタンダードプランにしたため、3960円/月になってます)は決して安い選択ではなくなりました。

F05d0これ、見てください。同じBiglobeのプランです。私が契約してる「ほぼスマホ」を解約して、このSIM挿せばいいじゃないですか。確かに、アシストなんとかで端末代を月賦で払っていますから、あと8ヶ月残ってる分を一括で支払う必要はありますが、その後は3960円/月が980円/月になってしまうんです。Biglobeのサポートに「それで間違いないですよね」って聞いたところ、すんなり「そうです」って。しかも、端末を自分で用意すれば、この980円プランはLTE対応なんですよねぇ~。

ヨメサンへの説明用として、こんな表を作ってみました。

F05d00

このままのプランを続けた場合と新しいプランに乗り換えた場合とで、今年1年間の経費がどう変わるかを比較した表です。右端の端末代金というのは、せっかくLTEの使えるプランに乗り換えるのだから、LTEに対応した端末を購入しようと、その予算も盛り込んだもの。それがなければ約2万、端末込みでも何と1万もお得じゃないですか。2人分なら、差額も倍になります。ヨメサンからは、即OKが出ました。

F05d1_2

端末として選んだのは、新品白ロム(SIMフリー)で最も安く出回っている富士通のF-05Dです。型は古い(2011年12月発売)ですが、バッテリーの持ちがよくない以外に特に欠点はなさそうです。「それが大きいじゃないか」という考えもないでもないですが、Androidのバージョンも初期状態の2.3.5が4.0.3へバージョンアップが可能で、root化の情報もあり。Android 4.0.3は、不要アプリを無効化できるらしい。Root化ができれば、プリインストールアプリのアンインストールだって……。それでもなおバッテリーの問題があれば、大容量バッテリーなるものもAmazonで見かけたぞ。……ということで、この機種に決定したのでした。

既に、F-05Dは購入済み。Biglobe LTE・3Gも申込済み。こちらは、申込が多くて1月10日から順次発送だということで、SIMが届くまでF-05DをWi-Fi接続して試運転しています。

Biglobeの代わりに、OCNモバイルONEという選択もあったのですが、こちらは980円での容量制限が厳しかった(30MB/日)のと、Biglobeのメルアドで登録してあるサービスをそのまま使いたかったのとで却下。「容量シェア」とやらで、少々安くなる余地はあったのですが、Biglobeとそれほど変わるわけでもなさそうだったので、OKとします。F-05Dや回線レポートは別途また。